『遠隔円満❤介護』 一人娘   働きながらの遠距離介護日記

『 遠隔円満❤介護 』 一人娘 働きながらの遠距離介護日記 ◎頭に冷湿布 心に温(恩)湿布 タフでなければ介護できない 優しくなれなければ介護する資格はない?

アレは3年前… 黒い縁取り…

憂子さん   また、ご不幸のお知らせありました

昨日 水曜日は スーパーヘルパーMr.H

昼イチに 着信有り (´・ω・`)

 

母セツ子81 葬儀の知らせがあると 不謹慎にも 誕生会に呼ばれた子供の様に浮足立って騒ぎ出す

 

f:id:vivieng-me:20180704201218j:image

 

隣家 春兄ィに電話確認

『ウチ △△家から お香典頂いてるかしら?』

 

こんな事もあろうかと、慌てないように 名入香典袋とお金を 春兄ィに預けてあるワタシ

 

至急回覧❢ の 加筆が なんだかドキドキだ!

 

f:id:vivieng-me:20180704201106j:image

 

 

文末の【 通夜当日 自宅にて受付・焼香所を設けます】 にはね……うん   経験して納得した!

 

f:id:vivieng-me:20180704201112j:image

 

実家エリア独特の風習かもしれない    

亡父の通夜  言われるままに 我が家の庭先にも受付 焼香所のテントを設置

 

アレは3年前… 黒い縁取りがある封筒!を自宅にいらして下さった方々にもお配りした     

f:id:vivieng-me:20180705082010j:image

 

喪主側として  葬儀2次元! 2回 ! 二場所 (*_*)かよっ (*_*)っと 戸惑ったものだった

 

ハードだったけれど、今思うと合理的だ

根付いている慣習ってそれなりの良さがある

 

来る来る  とにかく 来るんだ  家に来る  ジジババ ジジババ  ババ  ババ……ババ ババ……

 

お付き合いの深くない方や、お勤めの忙しい方  そしてご高齢者!  こざっぱりした平服での自宅への弔問は  田舎ならではの有り難いシステムだ    弔問する側になるとつくづく思う

 

f:id:vivieng-me:20180704203603j:image

不便な場所に有る葬祭場まで足を運ぶ事や 喪服になるも 骨が折れる事だろう  

 

猛暑  冬場…  冷房 暖房 履きなれない靴や椅子

  固くなった寿司に天ぷら

 葬祭場では体調を崩す高齢者がいるのも当然だ

 

しかし、月に1度は何だかんだで訃報が届く

 

イヤな風  はやくおさまるといいなぁ

 

  ★ ★ 昨日の憂鬱の憂子  ★ ★

 

●昨日会話した最高齢者 44歳男性 @取引先 ●港区… ゼネコンマン  金融からの転職者  道理で話が早いと思った  昨日は若いヒトばかり面談したけれど 70歳まで働くかと聞くと だら~っとしてる……

アナタは何歳と会話しました?

 

★★クリック応援❤よろしくお願いいたします(^。^)y-★★

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

  

にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村